スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心臓の再検査




今日らすくさんは心臓のエコー検査に行ってきました。

先日の犬ドックで「拡張性心筋症」の疑いがあると言われたので…

心電図NO

これが先日の結果

この赤線の部分が20~50が正常なのにらっちゃんは11という非常に悪い数字
FSとは左室内径短絡率の事です。
簡単に言うと拡張した時の大きさと収縮した時の大きさをもとに算出した値で、心臓の収縮力の目安になる値です。
FSが低かったらっちゃんは拍動が弱く突然死の恐れもありました。

が!

この時は鎮静をかけた状態で撮ったもの。
鎮静をかけた状態での心エコーは実は意味がない。
(じゃあ撮るなよ…とも思ったが今回は言わないでおいた)

なので今回は鎮静ナシの状態でエコー

らっちゃんは診療中はガウガウ犬に豹変するので当然お世話係は付き添いっていうか補助に回る。

口輪必須


3人で保定…ほんとモウシワケナイ…

で、結果!!

心電図OK

正常値でした。
前回の数値は鎮静によるものでした。

はぁぁぁ~良かった…(泣)

肺動脈やほかのところも診てもらいましたがすべて問題ナシでした。

ということで、らっちゃんの心臓さんは問題なく元気に正常に動いております!!

お騒がせしました


いやいや結果もよろしくて、誰も負傷せず、何より機械が無事でよぉございました

ハロウィンLASUKU2


さて、お世話係こんなとこ行ってきましたがそれはまた次回

TDL1.jpg




余談ですが。

ラスクがガウっとするたびにですね~
一般の方ならともなく獣医さんや看護師さんもそんなにビビるか?ってほどビクンっとなってたなぁ…
口輪してるから絶対怪我しないんですがやっぱり恐いんですね、きっと。
そういう免疫はトリマーさんのがあるのかなぁと思いました。

トリマーさんは麻酔かけれないので口輪やエリカラのみで対応しますが、それも最後の手段です。
なのである程度咬む子でもそのままやります。

ガウガウ犬に対する恐怖心はトリマーのがないなと…
ある程度年数重ねると多少咬まれても平気だし避け方も身についています。
最近は手を握ってれば多少咬まれても傷にならない事を発見したのでなおさら平気(笑)

恐怖心がないと相手もひるみます(@´ω`)

次の犬ドックは全面付き添いをお願いして、許可が出ればうちの後輩ちゃんにお願いして一緒に入ってもらおう

うん、それがいい
秋の日帰り旅行 | Home | しあわせのパン

コメント

No title

ご無沙汰しております。
らっちゃんの状態を読んでいて、「えええーーーーー!!」とびっくり。
でも、次を読んで一安心。
よかったぁーー

生きている以上、お別れはあるのですが、その時って悲しいものですもんね。

らっちゃんの仮装。
かわいーー
ショコラは全くしてくれないので;;

ちなみに中1の娘は、口裂け女に化けて、化粧塗りたくって家中を走っていましたが・・・

ショコラは逃げていたけどw


そうそう、
昨晩、今頃?だけど、フェイスブック登録してたりしてーー。
初心者なんで、まだまだやり方わからないですーw

2012/11/01 (Thu) 09:53 | ショコママ #lj.ikat. | URL | 編集
No title

らっちゃん、正常でよかったですね。
沈静の影響があるなら、最初からそういってほしいですよね。
口輪をしてガウるのにいちいち反応するってのも、どうよ~
今度は後輩サンと一緒にらっちゃんの保定をする方がストレス少ないかもね。
 

2012/11/01 (Thu) 11:05 | shio-chan #- | URL | 編集
<ショコママへ>


そうなんです。生きている以上どんな生き物にもお別れはあるのですが…
それでもできるだけ長く一緒にいれたらと思いますよね。
しっぽが何本になってもいいからずっと一緒にいたいです。

らっちゃんも必死ですよ~笑
目の前にはおいしいおやつがあります!
じゃないとすぐとっちゃっておもちゃになってしまうので…

わぉっ口裂け女っ怖い…
暗闇にぼやっと現れたら卒倒する地震があります…
しかし西洋のお祭りで日本のお化けに化けるとはなかなかやりますね(笑)

あっFacebook私も登録しております~
でも全然放置状態…探してください(笑)

2012/11/01 (Thu) 23:14 | おーみ #- | URL | 編集
<shio-sanへ>

はいっ一安心です♪
鎮静の影響があるなら最初からやらないでくれるか、私を呼んでくれるかしてくれればよかったのに…です。
次回は必ず付き添いしたいと思いますっ
やっぱり獣医さんになると危険な子はすぐに鎮静かけちゃうから耐性がないんでしょうね~
私たちはそれができないのであまりにも狂ったようになってしまう子や命の危険が(犬に)ある子以外は咬もうが暴れようがそのままでやりますからね。
自然と避け方が身についてきます。こちらも痛いのは嫌なので…
らっちゃんのストレスや鎮静後の事を考えたら後輩呼んでお昼でも奢って手伝ってもらった方が安心ですよね。
次回はそうします!

2012/11/01 (Thu) 23:18 | おーみ #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。