スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都二人旅~中編~


さて中編ですよ~


ランチ&デザート&ショッピングでおなかもココロも満足したので次の目的地へGO


「三条京阪前」からバスで「京都会館美術館前」へ



『平安神宮』


この場所にはこの旅のメインの目的があったのです。


すべて明治に創建されたそうで比較的新しい。





お世話係の徒然日記
応天門



お世話係の徒然日記

見ての通り天気が非常によろしくて・・・暑いくらいでした。

広くて綺麗でこんなとこでらっちゃんを離したらさぞ楽しかろうと・・・イヤイヤダメダ


目的の物はお土産編で音譜


料金を払って拝見できるお庭があるのですが・・・それは今回はパスで(笑)

まだ見るとこたくさんあるからねっ




次~


目的地へ行く途中「京都美術館」の前を通ったらすごい人

フェルメール展が催されていたみたい。



お世話係の徒然日記


『青蓮院門跡』


ここにもある目的があって参りました。



お世話係の徒然日記


お世話係の徒然日記

庭園がとても綺麗でした。

去年行った「建仁寺」と少し同じ雰囲気。


目的はお土産編で~



次~


『八坂神社』


去年は清水寺まで来たのに八坂神社には寄れなかったので今年は!


「祇園さん」と呼ばれ京都の守り神として愛される八坂神社。



お世話係の徒然日記


お世話係の徒然日記

八坂神社にはスサノヲノミコトが祀られておりますです。

お祭りが有名でございますね。

もっとじっくり見たかった・・・

京都の神社・寺は閉まる時間が早いのでたくさん見ようと思うとなかなかハードです。

今度は菊ちゃん(ばぁ)や和さん(母)連れて一緒に行こう音譜



ハイ次~


『円徳院』


写真がないじゃないかっ(大汗)

こちらは豊臣秀吉の正室である「ねね様」が最後の時を過ごされた場所です。


今では周りにいろいろありますが、静かでとても綺麗な場所でした。

お庭がとても綺麗。


ただっ

ここには秀吉の出世守り本尊「三面大黒天(さんめんだいこくてん)」を観に来たのです。

見れなかったけど・・・


というか、最初間違えたんです。

出口にある



お世話係の徒然日記

こちらに一生懸命お祈りしてたのだ・・・

違うのだよ・・・


友人が「三面大黒天って黒だったはず.・・・」と

お世話係が「白くなったんか?」と


とりあえずのんのんして傍にあった「辻路理」のお店でまったりと



お世話係の徒然日記


グリーンティーをいただいておりましたら・・・

急に友人が「やっぱ違うよ!」と言いだして、良く見たら出口に当る場所で和んでたという(汗)

「まったりしてる場合じゃないっ」と急いで入口に回ってちゃんと見てきました。




ハイ、次~



次の目的地に向かって歩いている時、八坂の塔の天辺を発見目

上を見上げながら歩いて行った先に偶然「夢見坂」がありました。


『八坂の塔』



お世話係の徒然日記


偶然とはいえこの「夢見坂」から観る「八坂の塔」はとても素晴らしかった。


そして撮影しているすぐ右横には『八坂庚申堂』があります。



お世話係の徒然日記

日本最初の庚申信仰の霊場なのだとか。

「くくり猿」と呼ばれるとてもカラフルなお守りたくさんぶら下がっておりまして、とても目を引きます。



お世話係の徒然日記


門の上の三猿は、八坂庚申堂のご本尊青面金剛(通称・庚申さん)の使いなのだそうです。

ここの三猿(見ざる・聞かざる・言わざる)は日光東照宮の三猿よりもずっと前の平安時代から鎮座しているそうです。

(人力車のお兄さん情報←別の方に説明中なのをこっそり聞いてたw)


こちらは予定外でしたのであまりしっかり見れなくて残念・・・

もう一度行きたいです。




さて、ここから最後の目的地へ参ります~後編をお楽しみに~ラブラブ

京都二人旅~ランチ編~ | Home | 京都2人旅~前半~

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。