スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画観たよ(タクサン)ぱぁと1


お世話係の徒然日記


マルモが終わってしまった・・・
お世話係の癒しtimeが・・・サミシイ・・・
あのエンディングを観て毎週癒されていたのに・・・
「犬がしゃべるー!!」ってだけで観始めた「マルモのおきて」





可愛いね~
癒されるね~

お世話係実はカット犬で一番好きなのはMシュナだったりします恋の矢
シュナのスタイルじゃなくて丸っこく仕上げるのが好きドキドキ
体型も好きドキドキ
耳の中が毛でモサモサしてるんでそれを抜くんだけどその作業も好きドキドキ
とりあえず好きですドキドキ


そういや同じ理由で「死神の精度」も観たんだっけね目
あれはフラットが出てたのもあるけど。



しかも死神(金城武)の上司役ビックリマーク
結構面白い映画でした音譜






あぁそういえば最近おーみ映画観てないの?と友達に言われましたが・・・かえるさん。


観てます。


あの~


9本ほど・・・


書いてないだけで観てるんです目


いや、2月ごろから書いてるんだけどブログにアップするタイミングを見失っただけで・・・


とりあえず4本ご紹介グッド!


まずは・・・




【白夜行】



お世話係の徒然日記



ー殺したのは、心



監督:深井栄洋


出演:堀北真希、高良健吾etc




原作もドラマも見たことないんですが映画は行きました。

刑事役の船越さんが主演ばりに出てた!

刑事視点だったからだと思いますけど。


内容はまぁ暗いです。




口を揃えてみなさん「救いがない」と言いますが・・・

どなた様かがパンフレットのインタビューで




「彼にとって彼女は作品だったのかもしれない」


そういう想いでみるとあながち救いがないわけでもないのかなと。


感じ方はそれぞれですけどね。





【GANTZ】





お世話係の徒然日記

ーなぜ、戦うのか




監督:佐藤信介


出演:二宮和也、松山ケンイチetc




漫画読んだ事もなければ知りもしませんでした。

二部作なんでまだ疑問だらけでわからんちんです。




何のために?誰が?どっから来た?てかなんで?えぇ?て感じ

PG12ですのでなかなかグロいシーンが出てきます。

ちょとその辺苦手…

とりあえずネギ星人の子供が夢に出そうですガクリ

次が楽しみ
音譜





【太平洋の奇跡~フォックスと呼ばれた男~】




お世話係の徒然日記

ー生きて、日本に帰ろう


監督:平山秀幸、チェリン・グラック


出演:竹野内豊、唐沢寿明etc







戦争映画はたぶん一本も観た事ないです。

避けてたんじゃなくて惹かれなかった気がする。




こっからはお世話係の見解です。どうでもいい方は次のオレンジまでビュンと飛ばしてくださいませ。




ただ「戦争はこんなに悲惨で悲しくてだから戦争はいけないんだよ」という反戦映画は正直見にくいなぁと。

だって戦争は悲惨なものでしてはいけないするべきではないって事は知ってる。

でも「知ってる」なんですよね、どこまでいっても「知ってる」

戦争映画に関してはどんなに感動的なシーンでも悲惨なシーンでも泣けないんです。

なんでかなぁと思ってたんですけどね。

映画とかドラマとかボロッボロ泣く人なので。

自分自身何がスイッチで涙が出てくるのかよくわからないんですけど。

戦争映画はどのスイッチも入らないようで全く泣けないんです。

たぶんお世話係にとってリアルじゃないのかなぁ・・・

よくわからないんですが感情移入できないんですよね。

そういった悲しい苦しいとこに焦点を当てるものよりもこの映画のようにその中で生きた人

その時代を生きた実在する人物を描いたものほうがもっと若い方達は見やすいんじゃないかなと。

その中で戦争とはどういうものなのかを理解していくことができるんじゃないかと思いました。



この映画は一人の人物をテーマにしてます




大場 栄大尉






主人公のこの方、実はお世話係の地元「蒲郡」ご出身です。


だから余計興味を持ったのかもしれないです。




今までの戦争映画とはきっと違うと思います。


日本軍とアメリカ軍両方の視点から描かれています。


監督ももちろん日本人の監督とアメリカ人の監督がいます。


銃も実弾を抜いた本物だそうです。その為役者さんの体の振動がとてもすごかったです。




観終わった後「こういう人がいて、こういう事があったんだ」と思いました。


きっとそれが一番伝えたかった事じゃないかなと・・・


この映画を見なかったら一生知らなかったと思いますから。




大きな歴史の出来事に隠れてしまった史実。


ぜひ観てもらいたいです。






【英国王のスピーチ】




お世話係の徒然日記


ー英国史上、もっとも内気な王




監督:トム・フーパー


出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュetc






観たかった!!


いろんな賞を貰っていてオスカーもとった作品なんですけど、そういうの抜きにしても観たかった!!


偶然にもオスカーを受賞した日に観に行きました。




良かったです!


ストーリーもちろんだけど俳優陣がとても良かった!


主演のコリン・ファースは吃音コンプレックスを見事に演じていたし。


とにかくこの人しかこの役はできないなと思わせるものがありました。




言語聴覚士を演じているジェフリー・ラッシュの演技も素晴らしかった!


この方の繰り出すユーモアがとても素敵!


さすがです!ちなみにこの方パイレーツのバルボッサ役を演じている方です。




そしてエリザベス妃を演じているヘレナ・ボナム=カーター


この女優さんの瞳が好きです。


そしてカメレオンのような役の幅広さ、素晴らしいです!


ちなみにアリスの女王様はこの方ですティム・バートン監督の奥さん。




お堅いイメージですけどところどころにユーモアが散りばめられていてそのタイミングや演者の演技が絶妙!!


なので途中でだれることもなく最初から最後まで楽しめました♪




最後のスピーチのシーンは感動的です!


何がどうとか言いたいんですけど全部言うと石投げられそうなのでぜひこの映画は観てください。




もう一回観たい・・・







では次回は残りの5本をご紹介します~♪


マルモのスペシャル楽しみだなぁラブラブ

映画観たよ(タクサン)ぱぁと2 | Home | 7月だ~!!

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。