スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「食べる」ことは「生きる」こと


お世話係どぇす♪( ´▽`)
またアップするの忘れてた…

最近掛け布団を購入したお世話係でふ。
毛布一枚ではそろそろ限界だった…

昨日は祖父の三十三回忌の法事でした。
和さん(母)のパパ。
私は会ったことないんですけどね。
入れ違いだったそうです。

父の方と宗派が違うので読み慣れてるお経と違いました。
お世話係がチビの頃はお寺の幼稚園だったのでお経は普通に読んでましたよ!
お経も読めて坐禅も組める幼稚園児(笑)

お経入れとか坐禅用の座布団とか作ってた。
劇もお釈迦様の生涯?とかだったし。
お泊まり保育はお寺の本堂で寝ました(笑)

小学校の記憶はさっぱりなのに幼稚園の記憶は鮮明に覚えてるんですねぇ。

ところでこた坊がね~

ハンガーストライキなう_| ̄|○
突然だなぁもぉ…


「ぽんぽんへんにゃ…」

土曜日の朝は食べた。昼は食べが悪い。夜は全くいらねぇ。
本日、朝から見向きもしないので病院。
猫が食べないのは怖い。

微熱があるものの目立って何かあるわけじゃないとのこと。
お世話係は仕事だったので、明日もう一度行って血液検査。

猫は食べないと糖分を食事から吸収できない。
エネルギー源となる糖分を皮下や臓器の脂肪から得ようとして溶かし始めます。
その脂肪が一気に肝臓に集まります。
肝臓の脂肪処理能力が追いつかなくなる。
肝臓に脂肪が蓄積される。
脂肪に邪魔されて肝機能が正常に働かなくなる。
脂肪肝=肝リピドーシスというやつです。

これが食欲不振または廃絶の猫がなぜいけないのかと言われる理由です。
犬は違う。(なんでかはちょいとお待ちをば)
中年の肥満猫は特に危険。
普段から食が細かったり、痩せ気味の子はまだ耐えられる。
それでも1週間が限度です。

とにかく何が原因でもなんでも食べる食欲旺盛な子が食べない、食べが悪い。
そんな時は何がなくとも病院へ。
様子見は危険です。

のちくんがゴハンを拒否した時は口腔内の腫瘍でした。
らっちゃんが朝ごはんを拒否した時も子宮蓄膿症でした。
二人とも普段はゴハンをモリモリなんでも食べる子だったのですぐに異常に気が付きました。
なので原因自体は早期発見できました。
その後どうするかはご家族の考えにより変わってきます。
誰になんと言われようとご家族がその子の事を心底想って悩んで納得して決めたことが最善です。

おっつ!話が逸れたぜ(。・Д・)

逆にお嬢、梅ちゃ、こた坊は普段から食べムラがあるので他の異常も探さないといけません。

動物にとって「食べる」事は最重要。
そして「出す」事も最重要。
どちらかに異常が出ればどちらかにも必ず異常が出ます。
しっかりチェックしましょう!


*こた坊の食欲不振の原因がわかりました。
大事に…
全て終わったら報告します。
あ、命には別状ないので大丈夫です!




あでぃおす(´-ω-`)
こた坊の一大事(猫の誤飲) | Home | らっちゃんおめでとう♡

コメント

No title

お~すごい。
にゃんこさんって、凄いのね。
ラブラドールに食欲不振って言葉が無かったから、
気にしたこと無かったけど、
食べるって大切ね。
早く、元気になってね~。

2015/11/18 (Wed) 10:53 | あかり組 校長 #- | URL | 編集
<あかり組 校長へ>

レトリバー系はあんまり聞かないですよね〜!
だからわかりやすいんですよ。
食べない=異常だからすぐ対処できるんですけど食べムラがある子ってどの時点で病院行けばいいのか迷って対処が遅れる事があります。
よく食べるなんでも食べるってとっても大事な事なんです。

2015/11/21 (Sat) 22:13 | おーみ #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。