スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「only one trimming」

お世話係どぇす(*´∀`)

*本日の写真は本文となんも関係ありません(´-ω-`)


夏休みが終わりますな。
学生さんは明日からがんばってください(ΦωΦ)ふふふ・・・・

でも死ぬほど行きたくない人は行くのやめまっせ。
どこかの図書館のTwitterでも言ってたけど、そんな覚悟して行くとこじゃないもの。
図書館良いよ~お世話係しょっちゅう行ってる(笑)
涼しいし、どれだけ居ても何も言われないし。
勉強をしたい想いさえあれば場所はどこでも良いんじゃよ。
勉強がやだってのは…
なんで嫌なのか考えてみたらいいよ。
そうしたら嫌な事を嫌じゃないようにできると思うよ。

それはワンコのトリミングも同じで、トリミングが好きで好きでって子はそうそういないんですよ。
だけど、やらないわけにはいかんのですよ。
ならば、嫌な事を嫌じゃないようにしましょうと。

爪切りだってね、悲鳴あげて大暴れしてそれでも「我慢して!」って羽交い締めなんて…
無茶言うわ~ですよ(笑)
その経験から、次の時は足を持たれた瞬間、怯えたり攻撃的になったりします。
それはトラウマというよりも、過去の経験からそうする事で身を守るということを学習したからそうすると。
(お世話係の大好きさんのブログにありました。)
イヌは学習する動物なのですよ。
だったら学習しなおせば良いのですよ。
時間はかかるけど、そう考えれば必ず爪切りを嫌がらなくなります。

お世話係の店にも先日、生後四ヶ月にして爪切りをかなり嫌がるプードルさんがきました。
四ヶ月ですよ。生まれて四ヶ月。
飼い主さんとお話しました。なんでこんな嫌がるようになったのか。
必ず原因があるはずなんです。
案の定プードルさんを購入したお店で割引券をもらってたからトリミングに出したと。
トリミング室から悲鳴が聞こえたから覗いたら、トリマー二人かがりで押さえつけて爪切りされてたと。

生後四ヶ月の小さな子犬に何してくれとんじゃっ!!

よ~考えてください。
自分の何十倍もでかい、しかも知らん生き物に怖い顔で羽交い絞めにされて爪切りされるんですよ。
お世話係なら失神します(´-ω-`)

小さな仔犬がね、自分の身を守るために命を狙われてるわけでもないのに歯を向いて抵抗するんですよ。
こんな悲しい事ありますか?

そのプードルさんは今お世話係のお店で学習しなおしております。
爪切りは嫌だった、怖かったっていう経験は消えません。それはそこの子経験値としてこの先もずっと残ります。
そこを上書きするように、この場所なら大丈夫、この人なら大丈夫と学習しなおします。
経験値として残っているから些細なきっかけで元にも戻るし、表に出てきます。
飼い主さんにもちゃんとお話してます。
だからお世話係が信頼できるトリマーさんは別としてお世話係以外には爪切りさせないでとちゃんと伝えます。
飼い主さん後悔して泣きそうですが…泣いたってしょうがないのでお勉強してもらいます。

お世話係も勉強します。

ワンコにも飼い主さんにも笑っていてほしいんです。
そのためには飼い主さんとも真剣に向き合います。
ニコニコ懇々と説教します(笑)

ま、お世話係の場合は主にワンコやニャンコに笑っててほしいんですけど。
そのためには飼い主さんもニコニコさんじゃないとね。

それぞれのワンコにそれぞれのやり方があります。
「only one trimming」
一頭一頭に合わせたトリミングです。

同時に飼い主さんもそれぞれ。
言葉のチョイス、話し方、接し方も全部違います。
ワンコのためにも聞いてもらわなければいけません。
そして、受け入れてもらわなくてはいけません。
だから話します。
感情は抑えて。本当は怒鳴り散らしたい(笑)
でも、パートさん曰く本当にキレてる時は顔に思っ切り出てるらしい(´∀`;)


お世話係も大昔はそんなトリミングしてました。
いろんな方のお話を聞いたり見たり、実際の経験値を積んで「たたかわない」トリミングを学びました。
かなしいかなニンゲンですから感情がコントロールできない時もまだあります。
マニュアルニンゲンですから融通が効かない時もあります。
でもそんな自分をお世話係は知っています。
知っているからそれをコントロールできるように努力します。
まだまだです。全然まだまだ。
これからもずっと勉強です。


長いな…
お疲れ様でした(笑)
ここまで読んでくれてありがとうございます。


しーさん(妹)作 「豚キムチクリームパスタ」激ウマ♪


~チビ猫保育園~

2日前くらいから「あんこ」ことあんくんに異変が…




にょ~ん♡突如甘々ボーイに♡
どしたぁ♡

でもね、シャーは言うの(笑)
もう挨拶かなと思ってるよ、お世話係は(*´∀`)




あでぃおす(*・∀・)
スポンサーサイト

愛情の掛け流し


お世話係どぇす( ̄▽ ̄)

昨日は異常に眠くて早々に寝ました…
LIVEでいろんなもの出過ぎたせいかしら(笑)

~チビ猫保育園~



わらびさんはだいぶ慣れてきました。
お膝に乗ってゴロゴロ~♪
でも人に慣れたというよりはお世話係に慣れた感じです。
なので新しいお家に行っても、今度はそこのご家族に慣れる修行をしなくてはいけません。
でも最初より時間はかからないと思うなぁ。
ただひとつ間違えるとゼロどころかマイナスになるので里親さん探しは気を遣います。

条件は…厳しいよね~(笑)
まずは当たり前に最期の時まで愛してもらえること。
適度な距離で「シャー」言われても「はいはい、かわいいね~」って言ってくださる方がいいなぁ(笑)



意外と一番神経質かもしれない、あんくん。
一番シャーシャー言ってます
朝ごはんの時「ニャーニャー」寄ってきてスリスリしてお世話係の顔見て「ハッ!」ってなる( ̄▽ ̄)
で、走って逃げる…でもお腹空いてるからまた寄ってくる。食べるまでエンドレスリピート(笑)



おいしいものには勝てない、ういくん。
触られるのが怖い。神経張り巡らせて手が近づいてくると逃げ惑ってた。
それが少しだけ、食べてる時にそーっと指の腹で触ってもビクってならなくなった。
でもまだお世話係を横目で見ながら逃げてるけどね(。ω。;)


「梅ちゃの愛情掛け流しなう♡パート2」

もっと早く人慣れすると思ってたけど、甘くないね。
でももう覚悟して付き合うって決めたからいいのだ。
焦って変な人に渡したくないし。

お世話係の手はもういっぱいなので、これ以上の保護はできない。
だからお外では猫アンテナ外して歩いてます(´∀`;)
たぶんね、犬神様と猫神様にめっちゃ監視されてると思うのですよ、お世話係ね( ̄▽ ̄)
今はこれ以上ダメってわかってると思う(笑)
だから存分にやつらに付き合ってやれると思います。


「梅ちゃの愛情掛け流しなう♡」

「お話ちょっと聞いてみたいなぁ~」って方がおりましたら、鍵コメよりご連絡ください。
ちなみに里親さんにはお世話係のアフターフォロー付きどぇす(笑)
あ、オプションじゃなくて標準装備です(*・∀・)ゞ
日本全国どこへでも…行けるわけじゃないですがたいていのところには行きます。
お迎えに来ていただくのではなくご自宅にお世話係が連れていきます。

条件厳しいです。
愛ゆえです。
お世話係はこの子たちにどうしても幸せになってほしい。
そしてお世話係にはこの子たちを保護した時から幸せになれる場所を探す義務がある。
「じゃあ、あなたが飼えば?」
できるならそうします。
だって可愛いよ~!シャーシャー言ってても、逃げまくられても可愛いんだ。
でもお世話係だけの問題じゃない。
本気で猫用の部屋借りようか考えましたけど(笑)現状難しい上に幸せにしてやれない。
できないならできないなりに何が何でも赤い糸を探してやると決めました。

タダならいいけど?
お金かけられないけどいい?
安いフードしかあげられないよ?
仔猫しか嫌なんだけど?

ごめんなさい、無理です。
これだけじゃありません。でもまず第一段階でここに引っかかる方には渡しません。

だからって~気負わないでください。
お世話係を知ってる方はどんな条件が出てくるのか戦々恐々とされておられるみたいですが(笑)
ただただ愛情の蛇口をひねりっぱなしの掛け流しで時間をかけてくだされば必ずココロの扉は開かれます。


よろしくお願いします。
赤い糸手繰り寄せ中です♪( ´▽`)






あでぃおす三ヾ(*´ω`)ノ゙ ウッヒョヒョ♪

コブクロLIVE~名古屋ファイナル~


お世話係どぇす(*´∀`)

本日は和さん(母)とコブクロLIVEへ!
なんと初のファイナル!
名古屋でファイナルも初!


「ガイシホール」


「ツアータオルと団扇。何気に大活躍した団扇でした( ̄▽ ̄)」

もうコブクロでお腹いっぱいでございます(*´∀`)
歌って叫んで泣いて笑って飛んで。
ぜ~んぶ出してきた~!


「ツアートラックと空」

銀テープもゲットしたし♪


「各会場で書いてある文字が違うんです!」

お世話係がコブクロFANになるきっかけの曲。
「DOOR」
黒田さん(大きい方)作詞作曲の昔の曲。
歌詞もさることながらこの曲を歌う黒田さんの鬼気迫る姿は凄まじい。
昔の曲なんだけど今回のツアーで歌ってくれました。
今回も倒れるんじゃいかと思うほど!
ココロもカラダも震えた。
史上最高に長い拍手とスタンディングオベーション。
やっぱり特別な曲。



他の曲も今のお世話係に刺さる刺さる(笑)
史上最高に泣きました。

最後の「ココロの羽」
会場中が手を繋ぎ大合唱。
知ってる人も知らない人もみんな手を繋いでました。

こんなに 会いたい 今すぐ会いに行こう
それは 君が一番好きだから 誰より君が
~ココロの羽 歌詞より~

らっちゃんを想って歌ってましたねぇ。
大号泣です。・゜・(ノД`)・゜・。
でも手繋いでるからね、もうダーダー流れっぱなし(笑)
隣で和さん(母)も泣いてるし(´ω`)

でも大声で歌って、泣きまくってスッキリした。
最後は笑えました。
いろーんなものが流れて飛んでいきました。

コブクロ好きになって良かったなぁ。
最高です!
トークもすべらんすべらん(笑)
大爆笑でした o(≧▽≦)o

小渕さん(小さい方)が最後に。
「僕等は歌うから、みんなも頑張ってね」って。

明日からまたNEWお世話係でがんばる!

しばらく余韻に浸ります(笑)



ちなみにお嬢は元気です( ̄▽ ̄)
ゴハンも食べて、ンチもほぼ固まってきました。
本日も洗濯カゴで充電(笑)
チビ猫トリオも入念な準備をしていったのでおりこうさんでした♪
梅ちゃ&こた坊は通常運転です♪




あでぃおす(●´∀`●)

ボーダーライン


お世話係どぇす(*´∀`)

お嬢復活!
と、思いきや~仕事終わって帰ったらゲリっぽーがお出迎え(´-ω-`)

まぁこれは想定内なんでよいです。
ゴハンは全部食べたそうなので、あとはゲリっぽーが治れば大丈夫でしょう。
明日のゴハンは少なめに。

順番に来る分にはよいです。
ゲーして、ゴハン食べなくて、食べ始めたら下痢はお世話係的には受け入れ範疇。
いっぺんに来たらアウト!病院です。



このカゴはお嬢が愛してやまない洗濯カゴです。
昨日はほとんどこの中におられました。
充電か?(´ω`)



夜中にはこんなん↑だったので、まぁほぼ大丈夫でしょう。

数年前にもボイコットされた事がありましてね。
その時は1週間でした。
食欲不振どころか廃絶に近い状態。
さすがに焦った…
猫、特に肥満傾向にある猫に断食はご法度です。
肝臓がダメージを受けてしまう。
お嬢はまん丸ですからね…焦りました。

ただ、もう何をやっても「いらにゃい」ですよ。
高かろうと安かろうと関係なくいらないんです。
ただ、食べないだけ。
さすがに病院にも行きましたが特に何も問題なし。

で、ちょうど1週間後何事もなかったかのように食べ始めたんです。
普通に(´-ω-`)
こっちはきょとーんですよ!

お嬢の体の中では何か起こっていたんでしょうね。
デトックスか?



そもそも野生の猫科の動物は狩りが成功しなければ何日も食べない事がザラです。
お嬢は野生ではなくイエネコですので少し違いますが、それでもネコはネコ。

そう考えると猫は賢い。
自分の体の事は本猫が一番よくわかってらっしゃるんです。

だからこそのラインです。
このラインを越えたらお世話係は手を出すからね。です。
お嬢は今回そのラインをまだ越えてませんからお世話係は見守り体制をとっておるわけです。

そのラインを見誤ると大変な事になるのですよ。
だから「いつも」なんです。
どれだけ「目」と「気」をかけているかです。
「手をかけてやってる」って言葉は好きじゃないです。

なんも難しい事はないんですよ。
自分の子だし。
他所の子の話じゃないですから。

お世話係の場合は仕事上、お客様も入ってきますが(´∀`;)



とりあえず、お嬢は快方に向かっております!
夜食も食べる!と言い張るので数粒お食べになりました(。ω。;)
不満そ~(笑)



~チビ猫保育園~



よ~食べるなぁ~(*´∀`)
どんどんでかくなりますな。

今日はわらびことわらたんがお膝で少しねんねしてくれました。



でもまだシャーって言うんだよなぁ…
挨拶かしらね、あれは(´ω`)

よく食べて、よく遊んで、よく寝て。
大きくなりんしゃい(●´∀`●)








あでぃおす(。・Д・)ゞ

お嬢も(一応)猫だった。


お世話係どぇす(´ω`)

お嬢、朝ごはん食べず…
これは病院か(´-ω-`)と思いきや…

連れてかれる事を察知したのだろうか。



フードのストッカーを開けたら「食べう」と!
まぁいつもより少なめにお召し上がりになりましたが、食べないよりまし。



お目々もしっかりしとるし、昨日の箱座りから一転ちゃんとお座りしてらっしゃる。

う~ん…病院どうしよ(。ω。;)

猫は何か体の中で不調が起こっていると自分でコントロールできる。
犬よりも野生に近いので大抵の事は自力でなんとかしようとする。
食べる事で消化にエネルギーを使うのが本能でわかっているので不調な時は食べない。
しんどい時はとにかくじっとしてその時が過ぎるのを待っている忍耐強い生き物です。

ただそれを鵜呑みにしてひたすら様子見はダメ。
だからストレスを与えない程度にがっつり観察します。
食欲、排便、排尿、毛並み、目つき、飲水量など。
あとはなんとなくオーラ。
調子の悪い時は淀んだオーラが取り巻いてます。
昨日の夜はそれがあった。
体がしんどかったから食べなかったし、動かなかったんでしょう。

いや、見えないけどね(笑)
お世話係そういう力別にないから。
ただうちの子達に関してはそういう勘は働きます。
いつも見ているからでしょうね。

とにかくあらゆる角度から。
おかしい、いつもと違うが2つ、3つと増えたらその時はすぐ病院へ。



今はソファの背もたれに乗っておられるし。

少し調子上がってきた今、病院に行く事でさらなるストレスをお嬢に与えるのは…

お嬢は病院というかお外が嫌い。
不調の原因が知りたいのはお世話係の勝手な想いだし。
少し様子見ですかな。

今日は大阪勉強会でしたけど、お嬢のが大事。
お嬢はじめうちの子の為の勉強会だけどそのお嬢がしんどいのに置いて行くのは心配。

今日は1日お嬢にくっついてます(*´∀`)
迷惑がられない程度に(笑)





あでぃおす(`・ω・´)

お嬢、夏バテか?


お世話係どぇす(´ω`)

お嬢が調子悪し?
ゲーゲーしても食べてた子が今宵はいらんと…
ンチも柔らかめ。
明日も食べねば病院でございます。



猫はよく吐く生き物でございます。
お嬢はとりわけ良く吐く(=ω=;)
そんな時は吐いた物をよーく観察します。




赤い物、緑の物、黄色の物が混ざってないか。
異物が混ざってないか。
それ以外の症状はないか。

今回はンチも柔めだしちょと心配。
お嬢もシニアゆえ腎臓の数値が悪い。
ただ緊急でどうにかせんといかんほどの数値ではないので様子を見ていましたが…



一番有力なのは夏バテかな。
ただ診断は獣医さんのお仕事なので明日の様子で病院行くかどうかです。

次の日ケロっとしてる時もあるし(´∀`;)
お嬢は病院を毛嫌いしておりますので極力連れて行きたくはないのですが…
背に腹はかえられんのでそこはなんとかお願いして。

画像は少し前のですから(。ω。;)
さっき見た時は箱座りだったのでやはり若干調子は悪いんだと…

何事もありませんように。




~チビ猫保育園~

ういろうくんことういたんがこんなに近くに(´;ω;`)



でもノータッチプリーズなんですって~(´-ω-`)
ちょっとくらい触らせてくれてもよいではないか…
あ、なんか変態みたいだ…

まぁある意味変態…
いい意味で!!
私の周りのトリマーさんはみんないい意味で変態で宇宙人(笑)
お世話係もそのうちの一人だと言われましたけど♪( ´▽`)




あでぃおす三ヾ(*´ω`)ノ゙ ウッヒョヒョ♪

一ヶ月記念


お世話係どぇす(*´∀`)

乳酸菌の話がまとまらないのでチビ猫保育園の最近をば。

一ヶ月たちました。
もう一ヶ月。まだ一ヶ月。

ほんのちょびーっとずつ人馴れ修行は前進しております。
ちょびーっとね(´∀`;)


あ、手前に写ってるのは使われなくなったバランスボール(笑)

らっちゃんが使ってたブラックゲージが彼らの世界でした。
でも最近お世話係の部屋丸ごとに拡大。
おかげ様でお世話係の部屋はピカピカです!



夜はゲージですけどね。
それも追いかけられて捕まえられるのが一番恐怖なのでおやちゅで誘導(´-ω-`)

サバ子こと、わらびちゃんは急に手を出したりしなければ触らせてくださいます。



黒スケこと、あんこくんは梅ちゃがいれば触らせてくださいます。



シャム夫こと、ういろうくんは…
動かなければ近くにそっと寄ってきてくれます。
動いた瞬間脱兎のごとく逃げるけどね…



ま、総じてゴハンとオヤツタイム以外は容易には触らせてくださいません(´Д` )

お世話係は保育園初体験中ですので人馴れにどのくらいかかるか知りません。
こんなもんかと思ってます(笑)




ゆっくりやります(´ω`)
必ず赤い糸があると信じているので。



あでぃおす(*・∀・)ゞ

ホテルラッシュ


お世話係どぇす( ̄▽ ̄)

お盆ラッシュ真っ只中!
右も左もホテルなうのワンコさんで溢れかえっております。
リラックスしていられる子もいれば、なかなか落ち着かない子もいたり。

慣れた子はもう勝手に入っていきます。
「私の場所ここでしょ?知ってるから」的な。
お母さんたちのお見送りもしやせん(´∀`;)
お世話係たちが代わりにお見送りいたします(笑)
もうそういう子が一番良い。
なんの心配もいらないから。
普通にゴハン食べて、チッコして、ンチして、遊んで、ねんねしてる。

「大丈夫かな?」
「ごめんね」
「いい子でね」

この声かけはいらないです。
だってどんなに心配してもおでかけやめられないじゃないですか。
鳴いても吠えても訴えても行くならシュバっとね。
「いってきます!」と潔く行ってきてください( ̄▽ ̄)
それが預けられていくワンコのためです。

シュバっとタイプの飼い主さんのワンコさんは平気な顔して過ごしてる。
ベタベタタイプの飼い主さんのワンコさんは吠え続けたり体調を崩す子が多い。
出かけにしつこく心配してた飼い主さんのテンションが移っちゃってる。

大丈夫。みなさん心配して行かれますけど意外とホテル組はenjoyしてます(笑)

お世話係たちは朝夕はもう戦争ですけど(´-ω-`)
「ゴハン食べてから遊びなさーい!」
「お水ひっくり返さなーい!」
「それはキミのオモチャじゃなーい!」
「チッコできてえらいね~♡」って違う子褒めてたりね(笑)
「なんかわからんけど褒められたー!」ってめっちゃ喜んでらっしゃるし。

犬種も性格も多種多様で面白いです♪( ´▽`)

本当にダメな子もいます。
食べないし、チッコもンチも出ない。
隅っこでずっとガタブル。

確実に体調崩します。
そうしたのは飼い主さんです。
こうなるとまず無理です。
うちの店は必ず新規さんは予行演習に来てもらってます。
無理そうな場合、ちゃんとお話して預けることでどれだけ負担がかかるか説明します。
他のお店に行っても同じことだから。
預ける事自体を考え直していただくように。
もちろん預けなくていい方法も一緒に説明します。
選択肢は一つじゃない。
「無理です~!お預かりできませ~ん!」
これだけじゃ…その後どうしたらいいか飼い主さんも頭抱えちゃう。

ホテルもトリミングもいきなり本番ぶっつけじゃワンコさんしんどいです。
練習練習!

さてあと数日ラッシュが続きます(´∀`;)
がんばるぞっ!



さて、我が家の王子。
頭にハゲ。



はい、病院~!

真菌の疑いあり。との事で消毒三昧(´∀`;)
早期発見だったので大事に至らず…
元々持ってるのですが免疫が下がると悪さします。
人間にも移ります∑(゚Д゚)
水虫と同じカビなので人間の水虫が犬猫に移る事もあります。
まぁそう簡単には移らないですけどね。
ちなみにチビ猫トリオには瓜実条虫がいたので我が家は人畜共通感染症で溢れてた…


免疫を上げるために乳酸菌を倍量飲んでます。
こっちゃんが飲んでる乳酸菌は「Zoot(ずーっと)」です。
詳しくは次回!







のちくん♡らっちゃん♡
おかえり。


あでぃおす(*´∀`)

チビ猫トリオ新居へ


お世話係どぇす(´ω`)

さて、チビ猫トリオを保護して実は2週間ちょい経っております。
7月24日にチビ猫トリオは保護しました。
人馴れ指数マイナス発進(´Д` )

後々近所のおばちゃんから聞いた話によると…
近くのマンションの子供達に追いかけ回されてたそうな…
まったく余計な事を…(ΦωΦ)

おかげさまでニンゲンコワイMAXでした。
シャーは標準装備。
手も出る口も出る。
がっぷりされたのは捕獲した後ケージに移す時です。

少しずつほんとに少しずつ「ニンゲンはそんなにわるいもんじゃないぜ」と。
「ここにいればうまうまもふわふわもあるぜ」と。

最初の1週間は淡々とおトイレ掃除とご飯だけ。
覗くとシャーなのであんまり刺激しないように。

2週間経ち…
おもちゃで遊べるようになりました。
お世話係の手からうまうまを食べられるようになりました。

ただまだお触り禁止(´∀`;)

まずはニンゲンの生活スタイルに慣れてもらうために規則正しい生活をしております。
お外にいた頃はおそらく昼間は隠れていて夜に行動していたのでしょう。
夜鳴きがしばらく続きました。

おかげさまでお世話係の睡眠時間は2~3時間程度。
普通に仕事してこの暑さでぶっ倒れるかと思いました(´-ω-`)
まぁでもニンゲン簡単には倒れんもんでそんな時期もなんとか乗り越えました。

これまた少しずつ夜はねんねを覚えています。
まぁ基本的には夜行性なのでなんだかバタバタしてる時も(笑)
でも鳴く事は少なくなってきたかな。

で、もうちょと仲良くなりたいわ~と、名前を付けました。




右の黒トラ男子が「あんこ」の、あんくん
真ん中のシャム風男子が「ういろう」の、ういくん
左のサバトラ女子が「わらび」の、わらちゃん

和菓子兄妹(笑)
ちなみに「わらび」は、わらび餅から。

同じ部屋で寝て毎日話しかけています。
小さなココロに負った大きなキズはなかなか塞がりません。

そりゃそうだ。
お外で神経ピリピリさせながら生きてきたんだ。
そう簡単にはニンゲンを信じられるもんか。

ゆっくりゆっくり。
慌てない慌てない。


はじめはソフトクレートでした。



本日新居にお引越し。



少しお外が見やすくなって、逆にこちらからも見えやすくなりました。
さて、お世話係との距離は縮まるのか⁉︎
それとも広がるのか⁉︎((((;゚Д゚)))))))

応援よろしくお願いします(笑)







あでぃおす(*´∀`)

「お世話係のチビ猫保育園」


お世話係どぇす(*´∀`)

左手の中指をざっくり負傷したためキーボードが打てず(。ω。;)
ちょうど当たるのね…
やっと傷が塞がったのでお久しぶりの更新です!

原因は噛まれたんですけどね。



このおちびさんたちに。
厳密には真ん中のシャム風おチビ(´∀`;)

はい、お世話係現在仔猫3匹保護なうです!!

皆様、猫さんに限らずワンコさんにもですが噛まれた場合は血は止めちゃダメですよ。
流水で血が流れなくなるまで流し続けてください。
痛いですよ。激痛(´Д` )
お世話係はおかげさまでもがきながらも出し切ったので腫れも化膿もしませんでした。
かなりがっぷりいったのですけどね…


さて、我が家の裏に、ある日3匹の仔猫を連れた母猫が現れました。
母猫はいるし状態も良さそうなのでしばらくそのままにしておいたのですが…
良く見ると母猫は若くして仔猫を生んだようでまだお顔が幼い…
このまま放っておいてこの仔猫たちが大きくなり出産できる月齢になったら…
母猫さんに次の発情期が来たら…
猫さんは恐ろしいスピードで増えていきます。

それだけは阻止せねばならない。
お世話係は決断しました。
仔猫を保護し、母猫に避妊手術をすることを。

ただこの母猫さん、警戒心がとても強く一筋縄ではいきません。
とてもじゃないですが普通に捕まえる事は不可能。
そこでお世話係の働くお店のパートさんが地域猫の会のメンバーさんをしていることもあり捕獲器を借りました。

意を決して仕掛けましたら…

誰だね…君は…
全然違う猫さんが捕まりました。
とりあえずあきらかにノラ猫さんだということで、ついでにこの子も避妊してしまえと病院に。
着いて先生と確認してびっくり!!

「この子、避妊してあるよ」

すでにTNRされた子でした。
我が地域にも小規模ながら地域猫の会があることは知っていましたが…
落ち着け、お世話係…

ちなみにTNRとは…

Trap(トラップ)…捕獲すること
Newter(ニューター)…不妊手術
Return(リターン)…元の場所に返す

の、略です。
TNRされた子は地域によって左右の違いはあれど耳に小さく三角の印を入れられます。
これが入っている事によりその子が不妊手術を受けているかわかります。

で、まぁそのまままた連れて帰ってきたわけですが…
疥癬に感染しているようでしたのでレボリューションだけポチョリと落としてやって放しました。

それからしばらくして二度目の捕獲器設置。
疥癬女子がまた入りませんようにと祈りながら一晩置いておいたら仔猫が一匹入りました。
チビさんを出してから次のチビさんを捕獲するためまた設置。
しばらくして入りました。
で、また出してから最後のチビさんを捕獲するべく設置。
一番警戒心の強い子でした。
一向に入らない。
1匹だけ取りこぼしは生きていけません。
パートさんに電話し「唐揚げです!」と(O_O)
コンビニに唐揚げを買いに行きホカホカの唐揚げを捕獲器内に点々と設置。
程なくして捕獲!
仔猫全頭保護完了であります!

そして最後にお母ちゃんです。
これがまた警戒心バリバリでなかなか入らず…
パートさんのアドバイス通り捕獲器が閉まらないようにして中にエサを置きしばらく見守りました。
そしてお休みの前の晩に捕獲器のフタが閉まるようにして一晩。
お母ちゃん入った!

病院に連れて行き避妊手術とレボリューション、エイズと白血病の検査をしてもらいました。
なぜエイズと白血病の検査をするかというと母猫が感染していれば仔猫も高確率で感染しています。
その逆に感染していなければずっと母猫のそばにいて他の猫と接触していないのでおそらく感染はありません。
仔猫三匹検査するより母猫を検査してしまったほうが早いのです。

午前中預けて、夜迎えに行き、一晩捕獲器の中ですごしてもらいました。
翌日の朝、お母ちゃんはお外の世界へと帰っていきました。

なぜお母ちゃんも保護して里親さんを見つけないのか。
彼女を家猫にするのは途方もない時間がかかります。
これだけ警戒しているところを見るとおそらく人間によって何かされたのでしょう。
大きなストレスと恐怖と負担をかけて家猫にしようとすることは酷です。
たとえ外猫の寿命が短いと言われていても彼女にとって外で生きていくほうが幸せなのです。

仔猫たちはおそらく生後3ヵ月~4ヵ月くらいです。
お母ちゃんが警戒心バリバリだったこともあり仔猫たちも強い警戒心を持っています。
でもまだなんとかなる。
家猫である幸せを見つけてあげられるチャンスがある。


そうして「お世話係のチビ猫保育園」がはじまりました。

猫神様は良く見ておられる…
お世話係の手が少しだけ空いたのを知っている…
なんてタイミングだっコノヤロウっ( ;´Д`)

きっとラスクがいたら保護はしていなかったでしょう。



これからしばらく「チビ猫保育園」の日常を綴ります。
見えないフリ中のお嬢。
気になる梅ちゃ。
ヘタレ王子のこた坊。
元気に巻きこまれ中です(笑)





アディオス(´ω`)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。